敏感肌の人におすすめする私のシンプルなスキンケア法

ときにはシンプルなスキンケアが合う時もある

敏感肌のスキンケア

小さい頃から敏感肌で悩んだ・・・

 

子供の頃から敏感肌で悩まされている上に、20代後半ぐらいから乾燥肌でも悩まされるようになりました。

 

肌が乾燥するからとクリームやジェル、美容液など色々と保湿成分がたっぷり含まれたものを使用して改善しようと試みましたが、いずれも失敗でした。

 

それまでは、保湿成分や美容成分がたっぷり含まれているものを使えば、その分肌にもいいのだろうと思っていました。

 

確かに、肌に効果的な成分は色々とあります。それらの成分は肌に良い効果をもたらすことでしょう。

 

しかし、私の肌質には合っていなかったのです。どんなに肌に良い成分であるとしても、敏感肌の私には刺激が強すぎたのです。

 

それによって、より肌の乾燥を悪化させていました肌の乾燥がどんどん悪化したことで、20代後半だというのに、小じわが目立つようになってしまったのです。

 

口元や頬のあたりなど、笑うとシワが沢山出るようになってしまいましたし、頬のあたりの吹出物も、いつまでたっても治りませんでした。

 

当時の肌状態はかなり最悪でした。化粧のノリも悪く、肌のハリやツヤが全く感じられませんでした。

 

20代後半なのに30代、40代といった雰囲気に見られることもあったぐらいです。

 

思い切ってシンプルにしてみる

 

そこで思い切って、保湿成分と美容成分たっぷり化粧水をやめ、手作りしたシンプルなものに変えてみることにしました。

 

グリセリンと精製水だけで作った、本当にシンプルな化粧水です。

 

始めは、こんなほとんど成分が入っていないもので保湿力はあるかと不安でした。

 

しかし、実際に使ってみると、驚く程肌がしっとりとしたのです。

 

しかも、その保湿感がかなり長持ちします。

 

今まで保湿成分や美容成分がたっぷりの化粧水を使っていたよりも、肌の調子が良くなっていきました。

 

私自身もこれには本当に驚きました。

 

成分が色々沢山入っている方が保湿力が高いと思っていたのですが、そうではなかったのです。

 

敏感肌という肌質であるため、自分に合った化粧水を使うことが本当に肌に良い事だったのです。

 

極力シンプルなスキンケア法に変えたことで、肌への負担が大幅になくなり、乾燥を改善することができました。

 

思った以上に手作り化粧水の使い心地が良かったので、40代になった今でも継続して使っています。

 

ただ冬の乾燥しやすい時期は、少し保湿力が物足りなくなるので、薄くクリームを塗っています。

 

そんなシンプルなスキンケア法ですが、肌状態は20代後半の最悪だった時よりも、絶好調の肌状態を保つことができています。

 

成分が沢山入っている方がいいわけではないのです。

 

自分が必要とする最小限の成分で、十分健やかな肌は保つことができます。自分に合ったスキンケアを見つけることが大切なのです。


トップへ戻る